読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所長サンの哲学的投資生活 5th

世界を旅しながら投資をしています。読書と思索ときどき釣り。シンプルな生活。

雑感5/14

薄曇りの日が続くと気温が急に下がる。
13〜14度だと部屋でも少し厚着するかんじ。
ところで、先日農園でお隣さんの話を聞いて驚いた。
まだストーブをつけているというのだ。
道民は寒がりだと聞いていたが、ある意味そうかもしれない。
屋内では暖房をつけて薄着でいるのが道民スタイル。
寒ければ着込むよりも暖房という判断になるんだろう。
学生時代、東京の冬が寒いと嘆いていたのは、
浜松生まれのぼくと札幌生まれの友人だった。

**

北海道にはシーバスとチヌは居ないとされていたが、
実際のところ、わずかにいるらしい。
近年は温暖化が著しく、道南の生態系が変化してきたという。
釣り魚からもそうした変化が伺えるし、
農園でも同じような話を聞くことがあって、
本業農家さんが言うにはもう10年ほど前から函館の畑は、
以前の仙台あたりと変わらない環境になっているとのこと。
だから、本州までとされてきた品種も、
やってみるとできちゃったりする、そうだ。

**

「なんも」
という言葉が好きだ。
釣れましたか?と聞いて返ってくる「なんも」ではなく、
親切に対してお礼を言うときに、
はにかみながら返ってくる「なんも」だ。
どういたしましてというより、
お礼なんか言わないでとか、気にしないでよとかの意味で、
ちょっと中国語の話法に近い。北海道は中国チックなのだ。
とくに、どこか見ながらぼそっと言う「なんも」は、
道民らしくていいなとおもう。

広告を非表示にする