所長サンの哲学的投資生活 5th

世界を旅しながら投資をしています。読書と思索ときどき釣り。北海道移住とシンプルな生活。

マスさんクリアですが新たなバネ指の気配が。

f:id:syocyo:20180527194855j:plain



北海道に住んだらぜひやりたかったサクラマス
地元の浜松ではサクラもサツキもまず釣り対象にならない。
というかほぼいない。天竜川でも稀にやってる物好きさんがいるけど、
全員あわせて1年に1本あがればいいところ。

そんなマスさんが北海道ではけっこう釣れるらしい。
道民たちは「そんなによく釣れるもんじゃないよお」と言うが、
ちゃんとやってるひとはシーズンに最低数本は釣ってるようなので、
「釣れない」という範囲が北海道はおかしい。いつもながら。

今回はぼくにとっては初釣行ですが、
釣り友のNさんとお仲間のHさんがゆるーく誘ってくれたんで、
ゆるめにでかけてきました。

さっそくポイントを教えてもらいダイソージグ40gの表層巻き。
ゆっくりお尻を振るくらいの速度でリトリーブ。
「いい天気だなー」とぼやっと巻いてると、ぶるん!という引ったくられるようなアタリ。
しかし乗らない。また来るかなーと2,3投すると今度はフッキング!
あーこのぐいぐいしたかんじ、この重量感のやりとりはホント久しぶり。
佐久間ダムの55センチのバスか、小学校のときお玉池で釣ったライギョ以来か。
波にのせて無事砂浜へずり揚げに成功。

たぶん北海道ではさほど大きいとはいえないサイズだろうけど、
サクラが釣れたことにじゅうぶん満足。
だって、浜松じゃほぼ幻の魚。

この日はやたら色黒のHさんとぼくがサクラを1匹づつ。
Nさんはぼくがマスを手に近づいたときちょうどフッキングするも、目の前でバラシ。
けっこう近いとこで食ってきたんで、フッキングから取り込みがムツカシイ。
ぼくも1発目は気を抜いてたんでバラしたし。

これで北海道で釣りたかった5つの魚のうちひとつクリア。
ぼくがマスさんをあまりに喜んでるんで、
Hさんが黒い顔でニヤッと笑いながら釣った1本もくださった。
マスさんはルイベにして後日刺身と塩焼きでおいしくいただきました。
うまいね。本当にうまい。

嫁さんがもっと釣ってこいというけどそろそろマスさんはお仕舞いかな。
この低気圧が去ったらイナダかヒラメかなー
ジギングはバネ指にキツイんでイナダの日は短時間勝負で。