所長サンの哲学的投資生活 5th

世界を旅しながら投資をしています。読書と思索ときどき釣り。北海道移住とシンプルな生活。

石垣積みはクセになりますね。

f:id:syocyo:20190505173315j:plain


晴天が続いたので庭の整地作業をする。
デッキを設置するあたりに石垣を積み盛り土をする。
土留めの意味もあり石垣は土中から三段積んだ。
一個置くたびにクサビ石を打ちグラつきを消す。
無心になれる作業だ。


f:id:syocyo:20190505173441j:plain


基礎は束石。
束石の下は沈まないよう地盤改良をする。
盛り土なので深く掘り返してまず大きめな砂利を入れ、
土を混ぜて突きん棒で突き固める。
徐々に細かい砂利にしていき土を入れまた突き固める。


f:id:syocyo:20190509132727j:plain


頂上だけフラットにして後はアップダウンを残すが、
隣接する苺エリアが極端に低地なのが気になり、
そこだけは石垣を下段にも組むことにした。
山城の雰囲気が出ていいかんじ。
畑エリアへの小径はここから繋げてみよう。


f:id:syocyo:20190509131619j:plain


ここは当初草薮の中から発見した数株の苺だった。
野性味あふれる苺を株分けして育てたら一気に増えた。
今年はとりあえず苺用に二つ畝を作って移植。
ここは野性味あふれるまま放っておく。

ところで中国のファンド物件のひとつが空いたので、
内装工事をして上下2つの店子に分けることにした。
もう大フロアで商売をやる時代じゃない。

退去率が低いのは小フロア物件で、
管理手間は増えるが収益が安定するほうがいい。
工事も完了が見えてきたので早速募集開始。

小フロアで商売するかたは米中の問題など無関係。
商売が安定するということは、
大家のポートフォリオも安定する。
中国ももはやフロンティアではないので、
どちらかというと日本の経験が生きることが多い。

ぼくも仲間もちょいと歳を重ねた。
30代は平気だったことが今は少しずつ怖くなる。
知恵が増えたぶん冒険は控えてしまう。

投資とライフプランは切り離せないので、
安定を求める年代に不動産は相性がいい。
株のほうは米中がきな臭いのでまた一部利確した。

今はデカく張るよりコツコツ当てていく方が疲労しない。
世界がどうなろうと大家業はよほどコケる心配はない。
不動産投資で起きる問題は、
株式投資で起きるそれとは比べ物にならないほど小さいので。